トップページ

ウクライナ人道危機 緊急医療支援募金


一人ひとりの「いのちへの想い」を届けます!
「いのちの大切さを想う。」
「救いたい いのちがある。」

様々な支援のカタチがある中で、Life Bridge Japanに出来ること。
微力ですが医療支援に特化した募金活動を行います。
募金は全て「国境なき医師団」へ寄付します。

募金の振込は下記口座までお願いします。
「ゆうちょ銀行」 トクヒ)ライフブリッジジャパン
●ゆうちょ口座から:記号10020 番号934891
●他金融機関から :店番 008 普通 番号:0093489
*募金額は自由です。
お振り込みに際し、氏名の前に 「ウクライナシエン」とご表記願います。

「きみは、いのちをつなぐさ」全国取り扱い書店一覧

「きみは、いのちをつなぐさ」が全国の書店でもご購入頂けます。

取り扱い書店の詳細はこちらからどうぞ。

※「こちら」の文字をクリック、またはタップすると別ページで表示されます。

『きみは、いのちをつなぐさ』 発売日、ご注文情報


「きみは、いのちをつなぐさ」は、「Amazon(アマゾン)」からご購入できます。
上記の画像をクリック、またはタップすると、「Amazon(アマゾン)」購入ページが
新規ページで表示されます。
※「Amazon(アマゾン)」からのご購入には「Amazon(アマゾン)」のアカウント登録が必要です。

著者及び会員の方のご注文は、お名前、送付先、希望部数を明記の上、
下記メールアドレスへご連絡下さいませ。
kimiwainochiwotunagusa.lbj@gmail.com

『きみは、いのちをつなぐさ』 カバー帯には

『きみは、いのちをつなぐさ』のカバー帯には
ご寄稿頂いたキリングセンス「萩原正人」さんと同じ事務所の
爆笑問題「太田 光」さんが言葉を添えてくださいました。

Life Bridge Japanとは

Life Bridge Japanは、日本の移植医療における深刻なドナー不足の問題解決と、移植に係わる人たち(移植者、ドナー、家族)のより良い社会生活を支援する為に、市民とふれあい、問題を共有し、環境づくりに努め社会福祉支援を協働で行います。
また、貴重なドナーの臓器(組織)提供の意思を無駄にしない為に、ドナーの臓器を安全に使用できる臓器保存・機能再生に関する研究開発を支援することにより、救える命を増やし社会に貢献する事を目的に活動を行います。

「会員の皆様へ、入退院を繰り返されていたり、悩み事があったり、話を聴いてほしい!という方は、一人で悩まず本部へご一報ください。(info@lifebridge-j.org)認定ピアカウンセラーが傾聴ボランティアに伺います。」

事業の種類

(1)移植に係わる人たちの生活支援事業
(2)移植医療に係わる人たちと市民とのふれあう機会の創出事業
(3)移植医療に係わる人たちを支えるサポーターの育成及び活動コーディネート事業
(4)臓器の保存・機能再生研究開発支援事業
(5)その他目的を達成するために必要な事業

お知らせ

2022年4月13日
活動報告、アート展ページに 「第7回想いをつなぐグリーンリボンアート展」開催後のポスターを載せました。
2022年4月13日
トップページに「ウクライナ人道危機 緊急医療支援募金」情報を載せました。
2022年3月13日
トップページに「第7回想いをつなぐグリーンリボンアート展開催」のチラシ、挨拶分を掲載しました。
2022年3月2日
トップページに「第7回想いをつなぐグリーンリボンアート展開催」の情報を掲載しました。